ダナン観光ガイド

ダナン観光ガイド!おすすめ観光まとめ記事

ダナン旅行でサーフィン体験!おすすめのシーズンレンタル情報を解説! | タビスパ

ダナンについて 19世紀の前半より、阮朝の勅令のもと、全ての欧州船が出入りする最も大き な港町として発展した。フランス植民地支配後は、インドシナ総督府がこの街に 置かれ、食品加工や造船などの産業も栄えた。 第二次大戦末期には、日本軍によりフランス植民地政府が打倒され、いった んはベトナム帝国が樹立されるが、日本の降伏後、ホーチミン率いる共産勢力の 革命により、北部のハノイを拠点としてベトナム民主共和国が樹立される。だが、 ベトナムへの再支配を目論むフランスにより、国が南北に分断されることになる。ま た、社会主義の拡大を防ぎたいアメリカは南部の、社会主義化を進めたいソビエ 卜は北部の後ろ盾となり、東西冷戦の構造がここにも持ち込まれた。米国駆逐 艦が攻撃された1964年のトンキン湾事件をきっかけに、ベトナム全土が戦争に突 入して行った。 南部の、ベトナム共和国政府の腐敗や弾圧に不満を持った人々により組織さ れた、南部ベトナム解放民族戦線(ベトコン)は、南部各地でゲリラ戦を展開し た。 米海兵隊がダナンに大規模な基地を展開していたため、ベトコンによる激しい 攻撃を受け、この美しい街も、戦闘の舞台として戦争に巻き込まれていった。 戦後、経済改革政策であるドイモイの推進により、外国企業の進出も盛んに なり、徐々に発展をとげている。最近では、リゾートとしての魅力が注目され、高 級ホテルやリゾート開発がすすめられているが、まだまだのんびりとした田舎の雰囲 気は変わっていない。 現在は人口100万人の中規模の街ながら、友好都市の数は現在20都市 で、首都ハノイの4都市を遥かに凌ぐ。街の人々が、よそ者に対して寛容で有るこ とは既に述べたが、この数字からも、高い開放度と外国への関心が伺える。 ダナンビーチ 世界でも有数のビーチとして数えられるだけあって、空、雲、海、砂浜それぞれ の美しさが調和して、力強い臨場感のある景観だ。 早朝や夕方には多くの人がビーチに出ているが、昼間は陽射しが強すぎるせい か、ほとんどビーチに人影はない。 ダナンのビーチ沿いに泊まるべし!市内観光もリゾートも楽しめる「超」おすすめホテル: ハナミホテルダナン ビーチ沿いには、小洒落たバーやシーフードレストランの建ち並ぶエリアがある。 夕暮れ時に、オープンエアーのテラスに陣取り、美味しい料理をたべながら、ゆっく りと暗くなってゆく海辺の雰囲気を楽しむことが出来る。やがて暗闇の中に月のあ かりが波間に映り、繰り返される波の音と共に幻想的な世界に包まれる。適度に まわったアルコールも手伝い、なんとも穏やかで静かな気持ちになる。 シーフードレストラン 食事のあと、腹ごなしに波打ち際をのんびり歩くのも良いだろう。はだしになっ て、濡れた砂浜を踏みしめながらゆっくり歩いていると、日々の生活で溜まった心 の澱みが、波に洗われてゆくようだ。 長い海岸線に沿って道があり、その脇にはたくさんのシーフードレストランがあ る。水槽やタライに入っている、獲れたてのエビやカニ、シヤコ、貝類を適当に選ぶ と、調理をしてテーブルまで持ってきてくれる。味も素晴らしいが、値段も驚くほど 安い。 バスケツトボート 海辺には、丸いお椀型のボートがところどころに見られる。この、竹を編んで漆 の防水を施したボートは、漁師たちが漁に使っている。 ダナン大聖堂 1923年に建てられた、フランス統治時代に建てられた唯一のローマカトリック教 会で、淡いピンク色の外壁が、ひときわ目を惹く。クリスマスの時期は、ダナン大聖 堂にイルミネーションが施され、イエスキリストにまつわる飾り物やサンタクロースなど で装飾される。 ドラゴンブリッジ ハン川に架かるこの橋は、2013年の開通から、新しい街のシンボルとして親し まれている。全長666メー …

Read moreダナン観光ガイド!おすすめ観光まとめ記事